カサカサにならない

乾燥肌の保湿対策について

保湿化粧水には保湿成分が配合されていますが、主体が水分なので、化粧水のみの保湿成分だとやはり力不足になってしまいます。 そこで、保湿美容液の登場です。 水分を蓄えたり、水分をしっかりと抱え込んで逃さない保湿成分が豊富に配合されていて、肌に潤いを与えて閉じ込めてくれます。 乾燥肌の場合には肌が元々持っている保湿機能が低下しているので、保湿美容液でその力を回復させるサポートをしてあげると効果的です。 化粧水で水分を補給してしっかりと美容液で栄養を与えてあげて、最後に乳液やクリームの油分でふたをすることで、潤いをガッチリと捕まえて逃がさない効果があります。

乾燥に向いた美容液について

乾燥肌の方は肌のバリア機能が弱まっている状態です。 バリア機能の約8割を担っているのが細胞間脂質で、肌の細胞同士を繋ぐような役目をしています。 また、水分をサンドするような形で保湿してくれて、外からの異物が入り込まないようにガードしてくれています。 この細胞間脂質の主成分がセラミドです。 乾燥肌の場合にはセラミドが不足しているため、美容液で補ってあげると効果的です。 また、保湿タイプの美容液の場合、他の保湿成分も豊富に含まれているので、乾燥対策には功を奏します。 潤いを閉じ込める力をアップさせることができて、肌本来のバリア機能を回復させるためにも、セラミド配合の美容液を使用してしっかり保湿をするのが大切です。